top of page
  • 東大宮どうぶつ病院

フィラリア感染症とその予防について

フィラリア感染症は、都心部ではまれになったとはいえ、完全に撲滅された病気ではありません。

蚊に潜むフィラリア寄生虫が、問題になります。蚊が血を吸うことで、感染したわんちゃんからお家のわんちゃんへ、フィラリア感染が起こりえます。都心部でも、蚊から完全に身を守る方法は非常に困難です。


当院では、わんちゃんには、5-12月には、フィラリア感染予防薬のご使用を強くお勧めしています。

なお、わんちゃんとは症状の出方など状況がやや異なりますが、猫ちゃんでも、絶対に大丈夫、という病気ではありません。ご相談を受けた場合には、猫ちゃんでもわんちゃんと同様に、予防薬の使用をお勧めしています。


以下は、フィラリア感染症とその予防について説明した、当院のどうぶつ病院通信です。

PDFの部分をクリックすると、詳細をご覧いただけます。


フィラリア予防通信(表)
.pdf
ダウンロード:PDF • 265KB




閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page